保険 安く

スグ使える!保険を安くするテクニック10例

家計の中で多くの支出になっているのが、家賃か住宅ローン、その次が生命保険ですよね。生命保険は案外簡単に安くできることがあります。
生命保険を安くする方法はいくつかありますが、その中ですぐに使えそうな技を10個書いてみました。

1.生命保険の現状を把握する

親子縦

家計の危機だからすぐに保険料を減額したいのに、保険の現状を把握するなんて面倒だ!と言われそうですが
まず、今加入していてる保険の保障内容と保証期間、保険料を把握しないと
どの保険契約を解約しても大丈夫とか、保険料が高すぎる生命保険を減額出来ないかなど、保険の減額計画も立てられません。 保険の現状も知らず、保険の減額計画も無く闇雲に解約すると大損する可能性もあるので、まずは保険の内容を紙に書いて全ての保険契約をしっかり把握しましょう。

2.解約しないで保障を下げてみる
保険料を下げるのは、今まで加入していた保険を解約して激安通販保険などに加入する方法を想像しますが、 新しい保険に入るにも、今までの保険に加入したときより年齢を重ねている分結局保険料が高くなる可能性もありますし、健康診断に引っかかって新規加入出来ないこともあります。 新規加入するために、保険をえらんだり保険料シュミレーションしたり、解約手続き加入手続きなど、いろいろな手続きなどもめんどうですし。
そこで、現在加入中の保険の保険金とか給付金の減額をしてみるのはいかがでしょうか。 死亡保険は保険金を下げれば保険料が下がりますし、医療保険系は給付金を下げれば保険料も下がります。 今までの保険を解約してから新しい生命保険に新規加入というのはまずは考えずに、既契約を生かしながら保険料を下げてみましょう。

3.支払期間を変更してみる

計算機

保険料払込期間が終身でない場合、例えば保険料20年払いを30年払いに変更してもらうとか、65歳まで保険料を払う契約は終身払いにしてもらえると 保険料支払い回数が多くなるので一ヶ月の保険料が低くなります。 保険料払込期間の変更が出来る商品もあれば出来ない商品もあるよすなので保険会社に聞いてみないと分からないのですが、やってみる価値はあるでしょう。

4.解約する
月額保険料を安くすると言う意味での最終手段は、解約してそのまんま。が一番有効ですが、本当にその保険全部を丸ごと解約して良いか熟考する必要があります。 保険に複数加入しているのなら、ばっさり解約しても良い保険があるかもしれませんが、解約だけは慎重に考える必要があります。
生命保険は主契約と特約に分かれていますが、例えば医療保険と定期保険に加入しているのに、定期保険に医療保障特約(オプション)が付いてた。 ということでしたら定期保険の医療特約だけを解約しても良いかもしれません。

5.ネット生保や激安通販に切り替える

スマホ主婦

今まで加入していた保険を生かさずに、いっそ新しい保険に加入した方が良いかもしれない!ということもあるのです。 最近の通販は、保険商品によっては保険料の禁煙割引や健康上対割引があるのです。だからといってネット商品が高いわけでは無く、ある条件の場合は通販商品より安くなります。
休憩約を解約して新規加入するときに気を付けなければいけないのが、保障漏れや健康状態が悪くて契約できないということがないように 解約してから新規保険に加入するのではなく、新規保険に加入出来たら旧保険を解約するのことです。

6.死亡保険は組み合わせる
.詳しくはリンク先ページで説明しますが、定期保険の保険料は結構高いんです。と書くとそんなこと無いだろ?と言われそうですよね。 高い死亡保険と言えば終身保険があるので、少ない保険料で大きな保険料が得られる定期保険は家計に優しい激安保険的なイメージがあります。 ですが、定期保険の多くは更新と保険料の値上げかあり、さらに契約時の保険金がずっと続くため、子離れが近い世代には無用の長物になりがちです。
そこで、定期保険の保障を減らして収入保障保険でカバーする方法が最近流行っています。同額の死亡保険を用意するとき、定期保険だけで保障するのと 比較的少額の保険金の定期保険と、結構大きめな保険金累計額になる収入保障保険とを組み合わせた場合とでは、合わせ技の保険料は定期保険のみの場合より 遙かに安い保険料になります。

7.保険料をまとめ払いする

お金

これは月額保険料を安くするのでは無くて、保険料の支払総額を安くする技です。 家計の支出を長期的に考えると、目先の月額保険料を安くしても支払い回数が多いと保険料全体が結構高いこともあります。
そこで、まとめ払いにすることで保険料を安くする技を使うのです。保険料は半年払い、一年払い、前納払い、全期前納払い、一時払いという支払い方法もあり、 保険料をまとめることが出来るほど保険料総額は安く出来ます。極端なことを言えば、保険料全額契約時一回払いになる一時払いができれば保険料総額が一番安くなるのです。

8.必要保障額を算出する
本当はもっと上の方で書くべきかもしれませんが、家計の危機で生命保険を削るとき、そもそも死亡保険はどのくらいの保険金を用意していればいいのか?という疑問に当たると思います。
そんなとき、今稼ぎ頭が死んでしまったときに末子が大学卒業するまでの生活費と学費が保険金で用意されていれば良いのです。 その、子供全員が大学卒業するまでの生活費と学費の合計額が必要保障額です。必要保障額の簡単な計算方法も書いてあります。

9.生命保険の営業職に保険の減額を依頼する

グラフ

保険の営業職に保険料の減額を依頼するのが一番確実だし一番楽かもしれませんが なぜかよく聞くのが保険料減額を依頼したら新しい保険の設計書を持ってきた。と言う話です。
保険会社の営業の悪口を言いたいのでは無いのですが、契約者からの保険減額の依頼は新規契約を挙げて成績を挙げるためのチャンスらしいです。 今加入している保険を解約して新規加入するのは良いのですが、実は今加入している保険を下取りして新規契約を取る「転換」という手法らしいのです。 この転換は契約者にとって損になることが多いらしいので、転換に乗らないことが保険で損しない方法になりますよ的な、守りの技になります。

10.保険の無料相談に依頼する

FP

管理人はコレで家計の危機が救われました。正直コレが一番楽で一番確実な技なんですけど、他人に依頼するというか丸投げすることを技とは言わないですよね。
保険の相談店舗とFP(ファイナンシャルプランナー)共に、安い保険に新規契約して今までの保険は解約する手法を採りますが、管理人の家庭には凄く良い結果になりました。 実際に店舗とFPの両方に管理人が相談した体験記も書いてあるので、是非見てください。

高収入家庭でも保険で赤字!?

高年収なのに保険で赤字

各ページでは、一般家庭で出来そうな保険料節約術を書いていますが、高収入の家庭でも生命保険の節約が必要になることもあるそうです。
お金持ちというか年収が高い家庭に意外にありがちなのが、貯蓄性の高いとか運用目的の生命保険に入りすぎていて、家計が苦しくなるパターンだそうです。

 

まさか夫の保険金狙い!?

子供は二人で公立の中学生と高校生、塾や予備校代もそれなりの出費で大学進学の貯金もしなければならない時期。
夫は毎日残業で働いているので専業主婦の妻に家計のことを全て任していたら、いつの間にか複数の高額な生命保険に加入していて家計が廻らなくなっていたというのです。
そんなに生命保険に加入する必要も無いはずなのに、どんな保険に加入していたのか調べてみたら月額保険料五万円前後の物が三本もあったのだそうです。
月額五万円の生命保険って、夫に高額保険金を掛けて夫の命を狙っているのか!?と疑ってしまいますよね。

 

そんなの死亡保険じゃない

その高額な保険料の生命保険の保険証券を見ると「養老保険」「年金保険」と書いてあって、取り合えず高額な死亡保険金目的ではないものの
養老保険は月額五万円も払っているのに一千万円しか保険金が出ない保険で、年金保険は死亡時までに支払った保険料だけが保険金になるという強烈な保険だそうです。
年金保険の保険金をもう少し詳しく説明すると、例えば一ヶ月五万円の保険料の場合、年金保険に加入して10か月後に死亡したら死亡保険金は五十万円です。
さらに例えば年金保険加入後二年(24か月後)に死亡した場合は、五万円×24(か月)で120万円の死亡保険金になります。

 

定期保険なんて三十歳で死亡保険金2,000万円の月額保険料が「五千円弱」なんて普通なのに、年金保険の死亡保険金はポンコツに見えてしまいます。

 

死亡保険としてポンコツでも

では、年金保険の何が魅力かというと、その名の通り老後の「年金」の上乗せとして凄く魅力的なんです。
あ、ここでは年金保険と書いていますが、全てよく言う個人年金のことです。
年金保険(個人年金)は死亡保険としては正直ポンコツかもしれませんが、ある年齢まで保険料を支払い続けて老後を迎えたとき、
それまでに払い込んだ累積保険料を原資にして、保険会社から毎年少しずつ「年金」が受け取れます。その年金受取額総額は、払い込んだ保険料総額をかなり上回る金額になるので
死亡保険としてはポンコツでも、老後資金の積み立てとして凄く魅力があるのです。

保険の種類と加入時期を考えましょう

保険の種類を知ってますか?

話は長くなりましたが、言いたいことは保険の種類と保障機能、それと保険に加入する時期を把握した方が良いです。みたいなことなんです。
さらに、そんな意味なさそうな保険に複数加入してしまうという原因も調べた方がいいですよねぇ。

 

死亡保険と言っても四種類はあって

 

定期保険→保険料は少ないけど保障は大きい。終身保障では無い
終身保険→その名の通り終身まで保障。保険料が高いし、定期保険と比較して保険料の割に保険金が少ない
養老保険→終身保険よりも保険料:保険金の割合は良くない。ただし「老いて養う」目的なのでまとまった老後資金運用に最適
年金保険→上記の通り死亡保険として考えるとポンコツ級。だが老後の上乗せ年金としては最適。

 

こんな感じです。

 

それなりの保険に加入する時期があります。

若い家庭で子供が生まれたばかりとか、これから子供が増える予定がある家庭では、例え同期よりも年収が多かったとしても
養老保険や年金保険に加入する以前に定期保険で万が一のときに遺された家族の保障を最優先に考えるべきでしょう。
これは教育がかさむ時期、子供がせめて大学生になる直前までは続けることで、子供が大学生になる頃から自分たちの老後を考えて終身保険や養老保険に加入するのがべすとかもしれません。、
上記の夫婦というか専業主婦さんは、自分たちの老後資金を準備する時期を間違えたのかもしれません。
そんな保険に毎月十五万円も出費するなら全部解約して子供の教育資金の貯金に回すべきですよね。

余談と保険見直しのオススメ

超余談!ママ友ネットワーク

超余談ですが、専業主婦さんが高価すぎる買い物や激しい散財をする原因にママ友付き合いがあることもあるそうで
生命保険の場合
見込み客を紹介してもらうことを得意としている生命保険営業が、ママ友ネットワークに上手く入り込んで見込み客を紹介してもらいながら成績を挙げるのだそうです。
殺し文句は「○○ママ←ママ元ネットワークで一番権力がある、ある意味ボス的なママ」から紹介して頂きました。
「この商品は○○ママも△△ママも喜ばれていました。←○○ママも△△ママも加入したとは言わない加入していなくても問題にならない、ギリギリのウソ」
だそうです。
なんかウソくさい話ですが、最近こんな話を聞いたことがあります。

 

保険を削りたい人にも保障内容が分からない人にも

ママ友ネットワーク無いで見栄を張りたいから加入した複数の保険のうち何か保険を削りたいけど、どの保険会社のどの保険を切ったらいいか?
という話が本当にあったら、ファイナンシャルプランナーの無料相談は最適です。
年収が多くても多くなくても、保険が家計の大敵になっているとか、更新後の保険料がバカ高くなるなど、保険料に危機を感じたら一度保険の専門家に相談するのがオススメです。
もうひとつ、自分の保険の保障内容がよく分からない方にもオススメです。終身まで続くと思っていた保障が定年前に終わってしまうことになっていたなんて言う、
嫌な驚きがあるかもしれません。

 

保険営業の悪口ではありませんが

一つの家庭で生命保険に複数加入しているのは普通ですが、全ての保険が全部同じ会社ということは殆どありません。
生命保険を変えるとき、保険ランキングなどを参考にするのもいいのですが、やはり家庭の事情も説明しながら生命保険のプロに相談するのが一番です。
実は生命保険の営業職は、自社生命保険商品だけの説明・販売しかできないので、他社商品との比較説明さえも許されません。
それができるのは複数社の保険会社の保険商品販売の資格を持った生命保険無料相談店舗の保険の専門家やファイナンシャルプランナーです。

 

このサイトでオススメしているのはファイナンシャルプランナーの生命保険無料相談ですかねぇ
保険・不動産・ローンなどの金融商品や相続、税金等に関する、国家・公的資格の合格保持者なので、アドバイスの質が高いんです。
さらに、家計管理にも長けているので、保険料を下げたいけど家計もスリムにしたいという希望にも応えられると思います。