保険 安く 組み合わせ

保険を組み合わせろ

 

定期保険は意外に高いしムダがある

 

必要保障額を計算しましょうのページで、妻、乳児、二歳の子供が遺されたら6,280万円が必要ですよという計算結果が出ましたが
三十歳で6,280万円→6,300万円の保険金が出る保険に加入すると、月額保険料二万円近くになる保険会社もあるようです。

 

さらに、例えば18年後、末の子供が大学生になった時に6,280万円もの保険金は必要でしょうか?絶対必要無いですよね?
末の子供が大学生になったときそれなりに貯金もあるでしょうし、夫が死んでも妻は十分働けますし子供もアルバイトができますので
もしかしたら保険金は夫の葬式代だけでいいかもしれません。

 

家族が歳を取っていくというのは、子供が大学卒業までの年数が減っていくと言うことで、子供の大学卒業までの教育費も生活費も年々減っていきます。
必要保障額というのは実は毎年減っていくのです。
なのに、定期保険の保険金がずーっと6,280万円というのは保険金と保険料のムダです。

 

そこで、必要保障額を満たす死亡保険金は「比較的低額の定期保険と収入保障保険を組み合わせる」というのが最近の流行になっています。
この組み合わせは、同じような保険金で保険料を安くする効果も望めます。

収入保障保険というのは、保険金を毎月少額ずつ支払ってくれる生命保険で、一回で巨額の保険金が支払われる定期保険とは真逆の保険金支払いをします。
保険金を小出しにすることと、保険金受取期間の長さに比例して保険金総額が上下するので、保険料が凄く安くなります。
保険金受取期間の長さで保険金総額が決まると言うことは、年々減っていく必要保障額にかっちり対応できると言うことになります。
また、例えば定期保険で6,280万円もの大金を手にすると、数年で使い果たしてしまう人って結構居るらしく
保険金の使い込みを防止するためにも月額受け取りの収入保障保険が注目されています。

では、簡単なシミュレーションをしてみましょう。
死亡保険金1,000万円の定期保険と、月額保険金25万円の収入保障保険を組み合わせたとします。
この二つの生命保険に加入した瞬間、夫に不幸が訪れたとして、末の子供が大学卒業するまでの22年間で受け取れる保険金「総額」は
定期保険の保険金1,000万円と
収入保障保険月額20万円x12か月x22年=5,280万円
の合計6,280万円になります。

 

 

ちなみに、30歳夫の場合
A.6,300万円の定期保険の保険料
B.保険金累計額6,280万円の定期保険+収入保障保険の保険料
を比較すると
BはAの保険料の2割引から3割引になる可能性が大きいようです。